ISORA OFFICIAL BLOG

 

 

チューブは、ダンベルやバーベルなどとは違い

 

 

 

伸びていけば行くほど負荷が高くなっていきます。

 

 

そして、負荷の高さはトレーニングを行っている人のレベルとなります。

 

 

 

自分で負荷を調整するのではなく、チューブが自然と負荷を調整してくれるため

 

 

筋肉が小さい筋トレ初心者はもちろん、女性にとっては嬉しいポイントと言えるでしょう。

 

 

 

同じチューブでも、自分が強く引っ張ればその分ゴムが反発するため、ダンベル並みにコントロールすることもできます!

 

 

自分が筋肥大させたい部位に、ちょうどいい負荷をかけられるチューブは、ぜひともトレーニングに取り入れたいアイテムですね。

 

 

 

負荷を低めにしておけばチューブがトレーニングの補助をしてくれるので、女性や運動が苦手な人でも取り組みやすいですよ。